FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週の株式相場は、英国民投票の波乱結果による暴落からの持ち直しが見られた先週の流れから、週明け月曜日は軟調展開から押し目買いを集めたものの、火曜日に売り直されると、水曜日には下押し。木曜日、金曜日と軟調展開が続いており、週を通じてさえない相場環境となっています。

日経平均株価は、先週末の15600円台から、月曜日には15700円台まで買われたものの、火曜日には15600円台まで修正。水曜日には15400円台を割り込み、木曜日も15300円台割れ。金曜日も15200円台を割り込んで推移するなど、先週から水準を切り下げてきました。

先週には、記録的な暴落劇となったEU離脱問題を問う英国民投票のネガティブサプライズから、リバウンド期待の高まりや外部要因の落ち着きとともに見直される展開となっていたと思います。

先週末には、欧州中央銀行(ECB)とイングランド銀行(英中銀)が英国のEU離脱決定の影響に対処するための政策緩和の用意があるとの姿勢を示し、米国市場は見直されたものの、緩和圧力を考慮したユーロが軟調。週明け月曜日には円高推移を嫌気した売りが先行しましたが、押し目買いで切り返してくるなど、先週からの出直りが継続していました。

ただ、独立記念日で米国市場休場も欧州市場でイタリアの金融関連が下落。リスク回避の円高推移とともに火曜日は軟調展開。日経平均株価は7営業日ぶり反落となるなど、戻り売りも出ています。

祝日休場明けとなった昨晩の米国市場は下落。金融関連の下落に加え、商品相場の軟調展開でエネルギー関連の下げが相場を押し下げ、リスク回避の円高推移が確認されており、水曜日には大幅調整。日経平均株価は一時500円超の下落が確認されていました。

米国株反発も円高推移が重しに、軟調展開となった木曜日から、金曜日は見直しが先行するも買い気は鈍く、売り直される展開。米雇用統計、週末投開票の参院選とイベント考慮の手仕舞いが押し下げています。

さて、先週配信版では「参院選に向けてテーマ性も高まる! 政策テーマ銘柄に注目」と題して、参議院選挙日程から逆算して、政策関連を選別するスタンスを紹介していました。

月曜日には、先週水曜日のインターネット会員B情報で買い推奨をしていたMonotaRO<3064>が目標株価を達成。4月5日配信の『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「新年度相場で急騰期待! 大幅増益を予想する新年度活躍株!」でも配信から実質5営業日で目標株価達成を果たしたレポート実績銘柄でしたし、実態再評価とともに急速に戻りを試してきています。

さて、振れの大きい重要経済指標・米雇用統計の結果や週末投開票の参院選の結果を受けての週明けとなりますが、日経平均株価は年初来の安値水準にあり、基本線では中長期的な仕込み場とも判断できるのではないでしょうか。

そこで来週は「日経平均株価の上値推移」に注目してみてください。今週は上値切り下げが続きましたが、イベント通過とともに上値切り上げに転じれば見直しも広がりそう。5日移動平均線を試す展開も期待できるのではないでしょうか。

相場の反転待ちの流れともなれば、個別視点では手掛けやすい銘柄での打診売買が有効となりそう。そこで「低売買単価銘柄」を対象とする銘柄スクリーニングやポートフォリオ構築案などは現在販売中の「大化け銘柄ウォッチリスト」で提供します。ぜひ、参考にしてみてください。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。