上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週の株式相場は、当局のETF購入期待とともに底堅い展開となった先週の流れから、月曜日から火曜日にかけても買い優勢の展開に。水曜日には利益確定売りが出たものの、木曜日の祝日休場を挟んで金曜日も買い気を強めており、好調な推移となっています。

日経平均株価は、先週末の16200円台から、月曜日には16600円台乗せ。火曜日も16700円台まで水準を切り上げ、水曜日も16700円台を保つ動きを見せると、金曜日には16900円台に乗せるなど、水準を切り上げてきました。

先週には、金融政策イベント消化から外部要因悪化で水準を落とす場面があったものの、木曜日引け後に当局のETF資産購入で700億円超の購入が明らかとなり、金融政策が下支える展開となっていたと思います。

週明け月曜日には、予想超過の米雇用統計結果を受けて外部要因も進展、買い優勢の展開となり、イベント警戒による調整からの見直し買いも押し上げ要因に。決算銘柄の物色も相場上昇とともに好反応が目立ちました。

火曜日には、利益確定売りに押された米国市場と同様に立ち上がりには利食い先行が見られたものの、株価指数がすぐさま押し目買いで切り返すと、上値追いを強める動きに。

水曜日も円買い圧力とともに利益確定売りが主導したあと、後場では当局の資産購入期待による押し目買いも見られたものの、さすがに翌日の祝日休場を控えての手仕舞いが重しに。日経平均株価は水準保つも反落しています。

木曜日の「山の日」の祝日休場を挟んで、金曜日は外部要因進展とともに買い優勢の展開。ただ、夏季休暇中の市場参加者も多く、日中方向性は欠きました。

さて、先週配信版では「金融政策のETF資産購入枠拡大が相場下支え 手掛けやすい低売買単価銘柄に注目」と題していたと思います。

火曜日や水曜日には利益確定売りが先行したあとも後場から押し目買いで切り返す動きが見られるなど、当局の資産購入期待を背景に押し目買い意欲の高い状況に。押し目買い向きの低売買単価銘柄の取引メリットの高い局面となっていました。

また、物色傾向も決算銘柄など材料株が個別で賑わう展開。ただ、材料物色を集めていた決算発表も週明けに一巡。決算発表が出揃ったあとは、業績の悪いものを売って、業績の良いものに乗り換える「選別物色」の局面に移行していきます。

そこで来週は「決算好業績株」に注目してみてください。決算発表後もしばらく決算評価が持続しそうな評価余地のある銘柄が狙い目となるうえ、当局の資産購入期待の押し上げが見込まれる点でも投資妙味が高いのではないでしょうか。これまで開示された決算短信、決算資料を分析しながら、物色対象となる「決算好業績株」を手掛けていきたいところです。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。