FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週の株式相場は、好調に推移していた先週の流れから、週明け月曜日には利益確定売りが重しに。火曜日も売り込まれると、水曜日に買い直されるも木曜日は再び軟化。金曜日は見直されたものの、買い気は鈍く、軟化してきています。

日経平均株価は、先週末の16900円台から、月曜日は16900円割れ。火曜日は16600円台を割り込むと、水曜日に16700円台まで戻すも木曜日には16500円割れ。金曜日も16600円台を挟んでの値動きとなるなど、水準を切り下げてきました。

先週には、先々週で明らかとなった日々の当局ETF資産購入拡大を追い風に薄商いのなか買い優勢の流れが確認されていたと思います。

週明け月曜日には、さえない外部要因で売り先行の立ち上がりから、押し目買い意欲の高まりとともに下げ渋ったものの、夏季休暇中の市場参加者も多く、ボリューム不足とともに売り直される展開に。

火曜日は、米国株上昇も市場参加者不足で買い気鈍く、円高推移を嫌気した売りに押される展開。日経平均株価の5日移動平均線割れも手仕舞い売りにつながりました。

その後の海外時間帯で1ドル100円の大台割れが見られたものの、要人発言で米利上げ観測が高まり、円安推移を受けて水曜日は見直される展開。それでも日経平均株価は5日移動平均線奪回には至らず、上値を切り下げる展開に。

木曜日には、FOMC議事録確認後の円高推移を受けて売り優勢の立ち上がりとなるも当局の資産購入期待で下げ渋ったあと、購入期待が空振りとなり、売り直される展開。日経平均株価は直近安値割れ、5日移動平均線も上値抵抗となり、25日移動平均線を割り込んできました。

金曜日には、外部要因改善とともに見直しが先行するも戻り売りが重し。上値の重い展開が続いています。

さて、先週配信版では「資産購入期待で押し目買い優位のなか決算シーズンも終了 決算好業績株に注目」と題していました。

決算発表が出揃ったあと、業績の悪いものを売って、業績の良いものに乗り換える「選別物色」の局面に移行することを踏まえて「決算発表後もしばらく
決算評価が持続しそうな評価余地のある銘柄が狙い目」と指摘していたと思います。

月曜日には、5日のインターネット会員A情報で買い推奨をしていた大崎電気<6644>が目標株価を達成。決算評価とともに買い進まれており、年初来高値を更新しました。

火曜日にも先週金曜日のインターネット会員A情報で買い推奨をしていたスターゼン<8043>が目標株価を達成。月曜日のエントリーから、当日は決算評価とともに買い進まれる展開。相場調整のなか年初来高値を更新するなど、決算好業績株が地合いを問わず活躍しています。

木曜日には、先週月曜日のインターネット会員B情報で買い推奨をしていたキッツ<6498>が目標株価を達成。続く金曜日も先週水曜日前引け後配信の電話会員情報で買い推奨していたKYB<7242>が目標株価を達成するなど、両銘柄とも決算評価とともに年初来高値を更新しており、決算評価持続とともに上値余地のある新高値銘柄を手掛けて利益を上げられた方も多かったのではないでしょうか。

さて、当局の資産購入も空振りとなり、外部要因では円高推移とともに軟調展開を余儀なくされましたが、米国金融政策に絡んでの思惑が交錯した形に。来週には後半に米カンザスシティ連銀主催のジャクソンホール会合でFRB議長講演が予定されており、方向性も定まっていきそう。

そこで来週は「日経平均株価の上値推移」に注目してみてください。今週は円高推移とともに上値切り下げが続きましたが、上値切り上げに転じれば見直しも広がりそう。5日移動平均線を試す展開も期待できるのではないでしょうか。

相場の再浮上待ちの流れともなれば、個別視点では手掛けやすい銘柄での打診売買が有効となりそう。そこで「低売買単価銘柄」を対象とする銘柄スクリーニングやポートフォリオ構築案などは現在販売中の「大化け銘柄ウォッチリスト」で提供します。ぜひ、参考にしてみてください。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。