上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週の株式相場は、軟調展開となった先週の流れから、週明け月曜日には見直されたものの、火曜日は再び売り込まれる動き。水曜日には持ち直すも木曜日、金曜日と振るわず、一喜一憂の展開となっています。

日経平均株価は、先週末の16500円台から、月曜日は節目16600円を挟んだ値動きに。火曜日は16500円割れも水曜日に16500円台を回復し、金曜日には16400円台で推移するなど、上値は重いものの、ほぼもみあいの動きとなりました。

先週には、夏季休暇中の市場参加者も多く、ボリューム不足や円高推移を嫌気した売りに押される展開が確認されていたと思います。

週明け月曜日には、円安推移とともに直近調整からの見直しが主導。ただ、ボリューム不足で商いを要する中核銘柄も鈍い動きとなり、株価指数の上値は限られました。

火曜日には、円高推移とともに売り直されたあと、当局の資産購入期待の高まった後場で買い直される場面があったものの、買い一巡後は売り直されており、引き続き上値の重い展開に。日経平均株価は反落着地となっています。

水曜日には、円買い圧力後退とともに見直されましたが、為替変動に一喜一憂する流れは継続。日経平均株価は反発もほぼ前営業日下落分を埋めるのみに留まりました。

木曜日も為替変動に一喜一憂しつつ、日経平均株価は膠着。ほぼ前営業日と同水準でのもみあいが続き、日中値幅は108円に限られています。

ただ、米国市場がFRB議長講演を控えての手仕舞い売りに押されると、金曜日の東京市場も売り圧力を強める展開。日経平均株価は直近安値レベルを試す動きとなりました。

さて、先週配信版では「打診売買で相場再浮上を捉えろ! 日経平均株価の上値切り上げなるかに注目」と題していたと思います。

上値切り下げが続いた先週の展開から「上値切り上げに転じれば見直しも広がりそう」とも指摘していましたが、前述したように日経平均株価の上値は重く、見直しは限定的でした。

個別視点では手掛けやすい銘柄での打診売買を戦略として紹介。火曜日引け後に配信した「大化け銘柄ウォッチリスト」のトップピック銘柄では、木曜日にカヤック<3904>、トレックス<6616>、コア<2359>、アスカネット<2438>の配信翌営業日始値合計評価から終値で5.87%の上昇率を記録。配信翌営業日始値からわずか2営業日で「4%超の評価額上昇」の返金条件クリアを果たしています。

とくに牽引役となったのは、VR(仮想現実)体験の拡張コンテンツ開発に取り組むと伝えたカヤック<3904>のストップ高形成でしょう。同社株は新興市場のマザーズ所属。イベント注視の流れで株価指数も膠着感を強めるなか、値動きの軽い新興軽量級が活躍しました。

新興市場銘柄は値動きの大きさから、ひとたび資金が流入すると人気化しやすい傾向。長期休暇のある夏季相場は市場参加者不足で物色傾向も偏りやすく、値幅取りを狙って短期資金が特定の銘柄に集中してきます。

そこで来週は「新興市場所属銘柄」に注目してみてください。膠着相場のなかでは、独自成長性を備える新興成長株は個別視点で狙い目となるでしょう。

「新興市場」を対象とする銘柄アプローチや売買タイミングなどは、現在販売中の『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「上場来高値更新期待の新興●倍高株!」で提供します。ぜひ、参考にしてみてください。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。